広告収入と著作権問題

昨今ではYouTuberなる人々のことが話題になっています。彼らは何をしているのかというと、ご存知の方も多いかもしれませんが、自分で撮影した動画をYouTubeに投稿して、多くの人に見てもらうという存在です。動画には広告を設定することができ、広告を載せることによって再生回数に応じた広告収入を得られる仕組みになっています。これを利用して稼いでいるのがYouTuberで、近年誕生した新しい職業として話題になっています。

ここで注目したいのが「広告収入」です。動画に広告を載せることによって得られる広告収入は、1再生あたり0.1円かそれ以下とされていますが、全世界からアクセスされるような注目の動画ならば数十万再生から数百万再生に至ることはざらに起こる世界で、動画投稿主が手にする広告収入も多額になります。この広告収入にあやかって著作権を無視した動画をアップロードし、違法に収入を得ている人がいるという問題も発生してきています。

コンテンツIDはもともと、この問題に対処するために考案された制度ですが、まだまだ違法に収入を得ている人がいることも事実です。権利者が全員コンテンツIDの登録をしているわけではなく、制度の間隙を縫うように、権利を侵害して食い物にしている輩がまだまだいるということです。