コンテンツIDとは?

著作権を無視した違法な動画がアップロードされ、権利を持っているクリエイターの方の利益が損なわれているという問題を受け、YouTubeでは問題解決のためにコンテンツIDという制度を開発、導入することになりました。コンテンツIDとは、動画の照合から動画の配信を制限できるシステムで、この制度によって権利者の著作権は保護される形になりました。

コンテンツIDによって著作権が保護されるまでの一連の流れとしては、まずは権利者が動画の内容をYouTubeに登録する、違法アップロードがなされた時には動画配信を止めるか、もしくは動画に広告を載せて配信を続けることで、広告料をもらえるという順序になります。動画配信の停止するかどうかについては権利者の裁量に任されることになり、これならば著作権を守ることが可能となります。

コンテンツIDの登録は動画だけでなく、音楽についても行うことが可能です。こちらも同様にYouTubeにデータを提出、コンテンツIDの登録を行うことによって、違法にアップロードされた音楽動画の配信を停止させたり、収益化させたりすることが可能となっています。

参照ホームページ:YouTubeコンテンツID運用支援 – クロスワープ
YouTubeコンテンツIDを利用して著作物の収益をサポートしている会社です。

コンテンツIDはまさに折衷案と言え、サービスの利用者とコンテンツの権利者がいがみ合っていた中で、画期的な解決策となっているのです。